か行のインデックス

総合修理受付0120-931-239

ガラスの修理や交換に24時間受付

ガラス関連の用語

か行のガラス用語目次

ガラスコーティング ガラス基板 

型板ガラス

簡単に説明しますと、主にロールアウト法によってガラス素板を引き出す時に片面に型ロールを用いる事でガラス表面に模様を施したり不透明にしたものを型板ガラスといいます。
型板ガラスは、ガラスの表面に型模様を彫り込む加工をしたガラスを型板ガラスと言っています。溶解したガラスを成形する時に回転した平行ローラーの間に成形したガラスを通して連続的に作られます。片方のロールにさまざまな模様が彫刻されていて、その模様が固まる前のガラスの表面に刻まれる。表面が型模様なので光を柔らかく拡散させる効果と視線を遮る効果の2つの特徴があります。その効果を利用してプライバシーを優先させる開口部や間仕切りとして広く使用されています。耐風圧などの強度面ではフロート板ガラスよりもやや劣りますので住居の窓ガラスには不向きなので十分な配慮が必要となってきます。また表面の凹凸面にはホコリや汚れが付着しやすく開口部で凹凸面を内側にすることが必須となってきます。室内や店内でご使用する際にもメンテナンスの難しい部分にご使用することは避けたほうがよいでしょう。

型板ガラス画像

 



受付電話