な行のインデックス

総合修理受付0120-931-239

ガラスの修理や交換に24時間受付

ガラス関連の用語

な行のガラス用語目次

日射遮蔽 


熱割れ

窓ガラスに日光の直射をあてると照射された部分は吸熱のため高温となり膨張してきます。サッシにのみ込まれた部分や影の部分はあまり温度上昇しなく低温のままにとどまることになる。この低温部は、高温部の熱膨張を拘束し結果としてガラス周辺部に引っ張る張力が起きてくる。この熱応力は被照射部と周辺部との温度差に比例しガラスのエッジ強度をこえる引っ張る張力が起きると熱割れすることになる。

熱割れの特徴
基本的に熱割れは、ガラスの日の当たる高温部と日が当たらない低温部との温度差が著しく差ができた時に生じる現象です。施工状態が悪くエッジ強度が低下している場合には、熱割れが起こりやすくなります。熱応力の大きさとしては、窓の方位やガラスの品種・ガラスの使われ方によって異なってきますが日影の状態・カーテンの影響・サッシの取付状態・ガラスの大きさにも左右されてきます。



受付電話