さ行のインデックス

総合修理受付0120-931-239

ガラスの修理や交換に24時間受付

ガラス関連の用語

さ行のガラス用語目次



真空ガラス

複層ガラスの2枚のガラスの間に真空層を0.2mm閉じ込めて断熱や防音性能を高めたガラスのこと。
構造としては、真空ガラスは2枚の間の空間を真空にするため、成形ガラスの室内側右上部の穴より空気を吸引し栓をする。その栓を保護するために「保護キャップ」と呼ばれる樹脂製のキャップがとりつけられている。その上、外気圧で2枚のガラスが着いてしまうことを防止するための、マイクロスペーサーと呼ばれる厚さ0.2mm、直径約0.5mmのスペーサーを20mm間隔で組み込んでいるので真空層を保持することが可能となります。気体による対流や伝導を抑えることを目的として中間層を真空としています。しかし、仕組み上、真空にならない部分でマイクロスペーサー部分が熱伝導をしてしまうというというデメリットも残されている。また、放射も抑えることを目的としてLow-Eガラスが採用されていまます。日本板硝子ではLow-Eガラスを使用してない真空タイプの複層ガラスも製造販売されていますがメーカー側では「真空ガラス」の呼称は使用していません。ほとんどの部分で構造的に真空ガラスと同じであるので外見では非常に判別しにくいが一般的に「真空ガラス」と呼ばれる商品より断熱性能はやや劣っています。

真空ガラス画像

 



受付電話