熱割れ

受付電話

ガラスが熱割れした

急激に熱を加えたら高熱を加えるとガラスは割れてしまいます

「原因に思い当たりがないのにガラスにヒビが入っていた。」という現象がガラスには起きることがあります。この症状は、ガラスの熱割れという現象で起きてしまいます。窓に取付けられている窓ガラスは、目に見えている部分のサイズよりも一回り大きくなっています。その部分がサッシなどの枠にはめ込まれて設置されていて固定されています。はめこまれた部分には、目に見える部分のように外からの熱に晒されません。一方で目に見える部分には様々な昼夜の温度変化が加わります。ガラスは温まると膨張していく特性があるのですがサッシにはめこまれた部分は温度が上がっていないので膨張しないことになります。同一ガラスなのに膨張する割合が異なるとガラスにかかる力のバランスが失われるので温度差ができた部分に荷重が加わり耐え切れなくなった部分がひび割れてしまうのです。このような温度変化の原因としては、冷暖房の温風や冷風が直接ガラスにあてたりガラスに飛散防止フィルムや防犯フィルムを貼ったり目隠しフィルムが貼り付けられていることが考えられます。また、網入りガラスは熱割れを起こしやすいと言われています。これはガラスの内部に封入された金属線が熱を吸収して膨張しやすくなるからです。

information京都府対応可能地域

京都市 右京区 上京区 北区 左京区 下京区 中京区
西京区 東山区 伏見区 南区 山科区
京都府 宇治市 亀岡市 木津川市 京田辺市 城陽市 長岡京市
南丹市 向日市 八幡市



受付電話